ギャンブルゲームと賭博の起源についての歴史まとめ

ギャンブルは人類の歴史と同じくらい古く、人類は旧石器時代にはギャンブルや賭博をし始めました。先史時代、ギャンブルの形式こそ異なっていましたが、ギャンブルにはちゃんと運とチャンスを試すようなゲームが含まれており、見返りに何かを獲得するために人々はギャンブルをプレイしていました。 

紀元前3000年、メソポタミアの人々は、何千年も前に神々へ貢ぎ物を捧げるために発明されたアストラガリを基にして、史上初の6面サイコロを発明しました。紀元前1000年紀に中国では早くも動物に対する賭博が行われるようになり、様々な形式の賭博が古代世界に広がっていきました。  

中国の歌集には、宝くじに似た牌を使った賭博の一種として、木片のくじについての言及があります。実際のところ、万里の長城をはじめとするいくつかの計画の建設資金には、キノ賭博の賞金が使われていました。現代において、ハーバード大学やエール大学が宝くじの賞金で建設されたのも、同じ慣行に従ったと言えます。  

古代ギリシャの詩人ソフォクレスは、サイコロはトロイ包囲戦の期間中に発明されたと主張していますが、紀元前3000年にさかのぼる古代エジプトの墓からは、もっと古いサイコロが発見されています。サイコロの発明者を特定するのは難しいですが、古代世界ではサイコロが広く遊びに使われていた証拠があります。 

古代ギリシャ人と古代ローマ人は様々な場面でギャンブルをするのが好きでしたが、古代ローマの都市内ではギャンブルは禁止されており、人々は隠れて賭博をせねばなりませんでした。これらの法律のため、ローマ人がトラブルに巻き込まれることなくゲームをプレイできるようにするような何かを発明する必要がありました。こうして発明されたのがゲームチップであり、万が一捕まっても、チップのために遊んでいたのであって、本物のお金のために遊んでいたのではないと主張できました。 

中国は、おそらく9世紀中に史上初のカードゲームを人々が遊び始めた国です。このゲームのルールについてはほとんど知られておらず、カードは現在ポーカーで使われるカードとは明らかに異なっていました。  

バカラは、古代から残っている数少ないゲームの一つです。この2人用ゲームは15世紀に始まり、現代のカジノで今でも人気があります。このゲームは、最初にイタリアとフランスから広まり、世界でいくつかの国に伝わりました。現行の近代的なものはキューバ発祥で、アメリカのカジノで非常に人気が出ました。人々は参加して高額ギャンブラーがベットするのを見るのが好きだったからです。  

ブラックジャックの起源については、諸説あります。現代のゲームは古代スペインのゲームに触発されたものだという情報源もあれば、フランスやイタリアで始まったものだという説もあります。しかし、現代のゲームは17世紀中フランスにおけるゲームと密接なつながりがあります。「ブラックジャック」という名前は、ネバダ州のカジノで行われていた特別なプロモーションに由来します。クラブまたはスペードのブラックジャックでプレイヤーが勝利した場合、カジノは101の上乗せオッズを支払うというものでした。  

Post Author: Jo Ryunosuke